くらしの情報

  • くらし・手続き・届出
  • 税金・保険・年金
  • 防災・防犯
  • ごみ・環境
  • 福祉・介護
  • まちづくり
  • 教育・生涯学習・人権
  • 救急・医療

人生のできごと

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 入園・入学
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • シニアライフ
  • おくやみ
  • 引越し

高石フォトブログ

  • 第6回地震・津波総合避難訓練の写真

    大規模災害を想定し、各者が災害時の役割と対応について確認しました!

     1日に「地震・津波総合避難訓練」・5日に「ドラム缶燃料輸送配給訓練」の2つの訓練が行われ、参加者の皆さんと各機関はいざという時の対応について確認しました。
     「地震・津波総合避難訓練」は、大津波警報の発令を想定し鴨公園へ水平避難・避難タワー等への垂直避難を行う津波浸水区域内と阪神・淡路大震災(直下型地震)を教訓として小型可搬消防ポンプを使用した初期消火訓練を行う津波浸水区域外に分かれての実施。
     総合体育館「カモンたかいし」と取石小学校体育館では避難所開設初期を想定した簡易担架の作成やトリアージなどの救急救護訓練が実施されました。
    ※トリアージとは、負傷者を重要度等によって分類して治療・対応の順番を決めること。
    救急救護訓練に参加された方は地域の方同士で協力して、けが人を簡易担架で運びトリアージを行うまでを援助するなど救急救護における自分たちの役割にも注目されていた様子でした。
     5日に行われたドラム缶燃料輸送配給訓練は、南海トラフ巨大地震などの大規模災害発生時に、周辺地域の給油所が機能しなくなることを想定したもので、避難所生活が少しでも不自由がないように、円滑に避難上に燃料供給するための訓練。大阪国際石油精製株式会社大阪製油所でドラム缶に燃料を模擬充填後、陸上自衛隊の車両に積み込まれ、鴨公園で待つ自主防災組織の元へ。
     鴨公園にドラム缶を乗せた車両が到着すると、自衛隊員と自主防災組織が手際よくドラム缶に入っている燃料をそれぞれのポリタンクに配給されました。

facebook

  • 市長WEB
  • 市議会

広報たかいし

広報たかいし
12月号を掲載しました!
-特集- 
たかい、たかい、たかーい市
子育て環境どんどん充実!
  • 皆さんの声を市政に
  • ふるさと寄付金
  • 福祉バス
  • 申請書ダウンロード

ページトップへ