現在の位置

印鑑登録

印鑑登録は、印鑑をあなた個人のものとして公に証明するためのものです。本市に住民登録をしているかたは、1人1個に限り印鑑を登録することができます。ただし、15歳未満のかたと意思能力を有しないかたは登録できません。

「印鑑」は、不動産の登記・金銭の貸借など私たちの日常生活に大切な役割を果たしています。万一悪用されたりすると、大変なことになります。取り扱いには十分注意が必要です。

また、印鑑登録や印鑑登録証明書の請求は本人がするようにしましょう。

 

 

印鑑登録の届出 

印鑑登録届

届出(申出)人:本人または代理人

必要なものおよび参考:

  1.印鑑登録申請書

  2.登録しようとする印鑑

 (印影の大きさが25ミリ四方に収まり且つ8ミリ四方に収まらない印鑑)

 (流しこみやゴム印、縁が欠けていたり印影のはっきりしないものは不可)

 

 

 3.代理人選任届
 (本人が病気やその他やむを得ない理由で来れないとき)

【注意事項】
郵送での受付は出来ませんので、直接窓口にお越しください。 

 

代理人選任届(印鑑登録・廃止)(PDF:44.1KB) 

4.本人確認書類

 (健康保険証等)

 (代理人によるときは本人に加えて代理人の身分証)

 

【注意事項】本人が申請された場合で官公署の発行した免許証、許可書または身分証明書で写真が添付されているもの(浮出しプレスによる契印または特殊加工してあるもの)を提示し、本人であることを確認できた場合は、即日に登録できます。

 

【注意事項】本人が申請された場合でも上記免許証等の提示のない場合及び代理人により申請された場合は、本人あてに照会書を発送しますので、後日その回答書を提出された際に印鑑の登録をします。

 

 

印鑑登録証明書の請求

届出(申出)人:本人または代理人

必要なものおよび参考:

  1. 印鑑登録証明書交付申請書
    (登録番号・住所・氏名・性別・生年月日と請求枚数を記入。代理人のときは、代理人の住所・氏名の記入が必要)
  2. 印鑑登録証(カード)

【注意事項】印鑑登録証明書は、重要な取引や公正証書の作成、不動産の登記などを行う場合に使われる大切なものです。印鑑登録証や登録印は、みだりに他人に貸すことのないよう十分に注意してください。なお、市外に転出されたときや死亡されたときは、印鑑登録証明書の発行はできません。

 

 

 

 

 

印鑑登録廃止届(登録の必要がなくなったときや、印鑑または印鑑登録証をなくしたとき)

届出(申出)人:本人または代理人

必要なものおよび参考:

  1.印鑑登録廃止届出書

  2.登録印

  (紛失したときは他の印鑑)

  3.印鑑登録証

  4.代理人選任届

  (届出人が代理人のとき)

 【注意事項】
郵送での受付は出来ませんので、直接窓口にお越しください。

 

代理人選任届(印鑑登録・廃止)(PDF:44.1KB) 

 5.本人確認書類

  (健康保険証等)

     (代理人によるときは本人に加えて代理人の身分証) 

 

改印

届出(申出)人:本人または代理人

必要なものおよび参考:旧の登録を廃止して、改めて登録の手続きをしてください。

 

 
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問合わせ先

総務部 市民課 住民情報係
〒592-8585
大阪府高石市加茂4丁目1番1号
電話:072-275-6212 ファックス番号:072-263-6116(代) 

ページトップへ