現在の位置

住民記録

市民の皆さんの居住関係を正確に記録し、日常生活の利便を図るためのものとして住民基本台帳があります。

本市に住んでいても、届出をしていないと住民基本台帳に記録されず、高石市民とはなりません。住民異動届をすることによって、選挙の投票や健康診断などの市民サービスが受けられるのです。異動があれば、すぐに届出しましょう。

 

 

届出や交付請求時の本人確認 

個人情報保護と他人による不正な届出・交付請求防止の観点から、戸籍や住民票等の請求者・届出者に対して、住基カード(顔写真入り)、運転免許証、パスポートなど官公署が発行した資格証等や身分証明書、健康保険証、年金手帳などの提示をお願いしています。

なお、官公署が発行した資格証等や身分証明書をお持ちでない方には、窓口で職員が確認のために質問させていただきますのでご了承願います。

 

 

住民票の写しの交付 

住民票の写しの交付を請求されるときは、請求用紙に「使用目的」等を具体的に記入していただきますが、使用目的が個人のプライバシーの侵害や差別的事象につながる恐れがあると思われるときは、請求をお断りします。

また、住民票の写しには、世帯主、世帯主との続柄、本籍、筆頭者が記載されなくなっています。官公署などへ提出する場合でこれらの記載が必要なときは、その旨を交付申請書に記入してください。

詳しくはこちら

 

【注意事項】

  • 外国人住民の方も、別の市区町村へ引越しをする際には、転出の届出を行うとともに、転入の届出を新たにお住まいになる市区町村にて行っていただくことが必要となりますのでご注意ください。

なお、海外に引越しをする際にも転出届が必要です。

 

  • 通知カードが送付された以降、住所や氏名変更等が変更されたときは、変更内容を裏書き処理します。裏面は市役所職員が記入する欄になりますので、ご自身では何も書かれないようお願いします。

 

  • 裏面が満欄の場合は、再発行の手続きが必要ですので、ご了承ください。 

 

 

お問合わせ先

総務部 市民課 住民情報係
〒592-8585
大阪府高石市加茂4丁目1番1号
電話:072-275-6212 ファックス番号:072-263-6116(代) 

ページトップへ