高石市

高石市

ハザードマップ

津波ハザードマップ 

津波防災地域づくりに関する法律(平成23年法律第123号)に基づき、平成25年8月、大阪府から津波浸水想定区域が設定されました。高石市では、地域の避難計画を集約し、津波浸水想定区域を示したハザードマップを作成いたしましたので、津波に対する意識をもって避難対策に取り組んでください。

ハザードマップにつきましては、市立体育館・市立図書館・中央公民館・千代田公民館・東羽衣公民館・羽衣公民館・清高公民館・ふれあいゾーン複合センター・デージードーム・とろしプラザ・高石市役所にて配布しております。

 

洪水ハザードマップ 

高石市では平成21年3月に芦田川・王子川の大雨時における洪水ハザードマップを作成しておりますが、現在、最新版を作成中です。完成までの間、大阪府ホームページに公開されております洪水リスク表示図をご参考ください。

洪水リスク表示図はこちらから

  1. 地域を選ぶ
  2. 市町村を選ぶ

の順でご覧いただけます。

 

津波災害警戒区域について 

大阪府により平成25年8月に津波浸水想定が発表されました。

それに伴い、津波が発生した場合に、住民等の生命・身体に危害が生ずる恐れがある区域で、津波災害を防止するために警戒避難体制を特に整備すべき地域について、大阪府より津波災害警戒区域として指定されます。

現在では、津波災害警戒区域に指定されている地域はありませんが、今後、指定を受ける地域が出ましたら随時ご報告させていただきます。

 

地震防災マップ(ハザードマップ) 

高石市では、建物の耐震化を促すために、その地域において発生の恐れがある地震やそれによる建物被害等を予測し、防災に対する意識の高揚を図ることを目的として、平成20年に地震防災マップ(ハザードマップ)を作成しておりますので、防災活動等に役立てていただきますようお願いします。

 

 

[表紙及び作成の背景と各マップの説明]

阪神・淡路大震災の被害状況から地震防災マップの作成の目的と高石市地域で想定される地震と各マップについての説明

 

 

[啓発]

地震の時の対応と備えについての説明

 

 

[ゆれやすさマップ]

東南海・南海地震と上町断層帯地震の震度分布と避難所等の防災拠点についての説明

 

 

[地域の危険度マップ]

ゆれやすさマップでの震度により建物に被害が生じる程度(全壊する建物の割合)と想定される地震による建物・人的被害状況についての説明

 

 
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問合わせ先

総務部 危機管理課
〒592-8585
大阪府高石市加茂4丁目1番1号
電話:072-265-1001(代) ファックス番号:072-267-3078(直) 

更新日:2014年4月9日