現在の位置

保育料算定における「寡婦(夫)控除のみなし適用」について

 平成30年9月より、「未婚のひとり親家庭」の利用者負担額(保育料)を軽減する制度(寡婦(夫)控除のみなし適用) が始まりました。

 未婚のひとり親家庭には地方税法上の寡婦(夫)控除が適用されないため、婚姻歴のあるひとり親家庭と比べて、保育料が高くなる場合があります。

 そこで負担の公平化を図るため、未婚のひとり親であっても寡婦(夫)控除が受けられるものとする、みなし適用を実施します。

対象者

 新制度に移行している施設(保育所、認定こども園、幼稚園、地域型保育事業等)を利用し、課税年度の前年12月31日及び申請日時点において、下記の(1)~(3)のすべてを満たす方。

 

(1)一度も婚姻したことがなく、現在も婚姻状態にない母又は父であり、生計を同じくす

  る20歳未満の子がいる人

(2)(1)の子は、総所得金額等38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族と

  なっていない人

(3)父の場合は、合計所得金額500万円以下の人

 

※(1)の子が課税年度の前年12月31日以降に生まれた方(0歳の方はご注意ください)・

  事実上の婚姻と同様の事情にある方・税法上の寡婦(夫)控除を受けている方は対象外

  となります。

 

申請方法

 子育て支援課の窓口で申請してください。

 

<申請に必要な書類>

(1)申請書(子育て支援課で配布しています)

(2)申請者の戸籍全部事項証明書(原本)

(3)その他の書類(ご家庭によって必要書類が異なりますので、事前にご相談ください)

 

※寡婦(夫)控除のみなし適用を受けるには、事前に申請が必要です。

 申請の翌月から適用となります。

 

注意事項

(1)みなし適用を受けても、保育料が変わらないこともあります。実際の保育料の軽減

   は、個別に異なります。

(2)みなし適用を受けても、地方税法上の税額そのものは変更になりません。

(3)地方税法上の寡婦(夫)控除の適用要件を満たしていて、控除を受けていない方につ

   きましては、みなし適用はできません。税務課でご相談ください。

 

お問合わせ先

教育部 子育て支援課 保育幼稚園係
〒592-8585
大阪府高石市加茂4丁目1番1号
電話:072-275-6359 ファックス番号:072-265-1015 

ページトップへ