現在の位置

平成24年度から変更される個人住民税(市府民税)の主な内容

平成24年度から変更される個人住民税(市・府民税)の主な内容は次のとおりです。 

扶養控除の変更 

16歳未満の扶養親族(年少扶養親族)への扶養控除(33万円)が廃止されます。

(ただし、障害者控除の適用はあります。)

16歳以上19歳未満の扶養親族(特定扶養親族)への扶養控除額が45万円から33万円へ変更されます。

 区分

 年少扶養控除

(16歳未満)

 特定扶養控除

(16歳以上19歳未満)

 改正前

 33万円

 45万円

 改正後

 なし

 33万円

※ 年少扶養親族(16歳未満)の控除は廃止されますが、住民税の非課税限度額の算定等に必要なため、必ず申告してください。

 

同居特別障害者加算の変更 

扶養親族または控除対象配偶者が同居の特別障害者である場合に、扶養控除または配偶者控除の額に23万円を加算する措置について、特別障害者控除の額に23万円を加算する措置に変更されます。 

寄附金税額控除の適用下限額の変更 

寄附金税額控除の適用下限額が5,000円から2,000円に変更されます。 

お問合わせ先

政策推進部 税務課
〒592-8585
大阪府高石市加茂4丁目1番1号
電話:072-265-1001(代) ファックス番号:072-263-6116(代) 

ページトップへ