現在の位置

女性に対する暴力を許さない社会の実現を目指して

11月25日は、女性に対する暴力撤廃国際日です 

 

 毎年、11月12日から25日の2週間を「女性に対する暴力をなくす運動」啓発期間として、全国的に暴力防止のための取組が行われています。

 

 暴力は、性別を問わず、決して許されるものではありませんが、配偶者からの暴力(DV)、セクシュアル・ハラスメント(性的いやがらせ)、ストーカー(つきまとい)行為、性犯罪などの被害者の多くは女性です。

 

 「女性に対する暴力」は、性に基づく役割意識や経済力の格差、職場での上下関係など、社会的に男女のおかれた状況がひきおこす構造的な問題です。また、その背景には、男性が女性を対等な人間としてみていない性差別意識があります。

 

 「女性に対する暴力」は、女性の人権を著しく侵害するもので、男女共同参画社会を形成していく上で、克服すべき重要な課題となっています。

 

パネル展の開催について 

 市では、「女性の人権」について、考える機会としていただくため、関連するパネルを市役所ロビーに展示いたします。

 

日時 11月12日から22日まで 

 

 

 また、女性相談では、女性の視点に立ったカウンセリングを行っています。人権推進課へ、お電話で予約してください。

 

お問合わせ先

総務部 人権推進課 人権推進係
〒592-8585
大阪府高石市加茂4丁目1番1号
電話:072-275-6279 ファックス番号:072-263-6116(代) 

ページトップへ