現在の位置

インフルエンザ予防接種のお知らせ(65歳以上)

インフルエンザは通常の風邪とは異なり、高熱や全身症状が強く現れ、高齢者がかかると気管支炎や肺炎などを併発して重症になることがあります。インフルエンザ予防接種は発病予防や重症化予防に有効であることが知られています。この機会にぜひ予防接種を受けましょう。

 

 

 

実施期間 

令和2年10月1日から令和3年1月31日まで

 

今冬は、新型コロナウイルスとインフルエンザの併発による高齢者の重症化及び感染症患者の増加による医療提供体制のひっ迫が問題視されています。

 

ワクチンの需要が高まる可能性があるため、早めの接種をお勧めいたします。

 

対象者 

1.65歳以上 の市民

2.60~64歳の市民で心臓・腎臓又は呼吸器の機能に自己の身近の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方(医師の診断書又は身体障害者手帳の写しが必要)

 

接種費用 

無料

(注1)期間中、一人につき1回限りです。

 

 

持ち物 

免許証など、住所・氏名・年齢が確認できるもの。

メガネ(予診票の記載がありますので必要な方はご持参ください。)

 

実施場所 

下記の指定医療機関で接種してください。(予約が必要な場合もありますので、事前に指定医療機関へお問い合わせください。)

 

 やむを得ない理由により、指定医療機関以外で接種を希望する場合は、接種前に高石市役所地域包括ケア推進課にご相談ください。

 

なお、手続きせずに指定医療機関以外で接種された場合、接種費用の還付はできません。

 

令和2年度インフルエンザ実施医療機関名(PDF:109KB) 

高石市外の施設に入院・入所中の方について 

市外の施設に入所または入院中のため高石市内で接種できない方は、高石市から接種希望先へ予防接種依頼状(注3)を発行することで、定期予防接種として接種を受けることができます。その際に全額自費で接種された場合は、接種後に高石市から接種費用の還付を受けることができます。

 

(注3)予防接種依頼状発行申請書は下記の様式をダウンロードしてご利用いただけます。

 

対象となる方は、接種前に予防接種依頼状発行申請書を高石市役所地域包括ケア推進課へ直接お持ちいただくか、郵送してください。

 

なお、手続きをせずに指定医療機関以外で接種された場合、接種費用の還付はできません。

 

 

予防接種依頼状発行申請書(見本)(PDF:97.6KB) 

インフルエンザってどんな病気? 

インフルエンザウイルスの飛沫感染によっておこる感染症です。潜伏期間は1日~4日です。インフルエンザは通常の風邪とは違って感染力が強く、いったん流行すると同じ時期にたくさんの人が感染します。

高熱や全身症状が強く現れ、特に乳幼児や高齢者は気管支炎や肺炎、脳炎等を併発して重症になる場合があります。

 

インフルエンザワクチンの効果と副反応 

インフルエンザウイルスは大きく分けてA型とB型があります。

ワクチンはA型2種類とB型2種類に対応しており、4種類のインフルエンザウイルスに効果があります。

ワクチンを接種するとインフルエンザにかかりにくくなり、かかったとしても症状が軽くすみ、重症化を抑えることができます。また、合併症を併発したり死亡する危険を減らすことができます。

効果は接種後2週目から5か月程度といわれています。

 

主な副反応は注射部位の発赤、腫脹、疼痛などです。また、発熱、悪寒、頭痛、倦怠感などの全身症状を認めることがありますが、通常2~3日のうちに治まります。過敏症として、稀に発疹、じんましん、掻痒等があります。

 

重大な副反応として、極めてまれにショック、アナフィラキシー、ギランバレー症候群、けいれん、急性散在性脳脊髄炎、肝機能障害、黄疸、喘息発作があらわれる場合があります。

異常と思われる症状を起こした場合は、直ちに医師の診察を受けてください。また同時に高石市役所地域包括ケア推進課まで必ずご連絡ください。

 
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問合わせ先

保健福祉部 地域包括ケア推進課 保健予防係
〒592-8585
大阪府高石市加茂4丁目1番1号
電話:072-267-1160 ファックス番号:072-263-6116(代)
 

ページトップへ