現在の位置

ノロウイルスにご注意ください!

毎年冬~春先にかけてノロウイルスによる感染症が流行し、冬場は特に発生のピークを迎えます。ノロウイルスによる感染性胃腸炎は抵抗力が弱い乳幼児や高齢者では重篤になることも考えられますので、手洗い等十分に心がけ、予防を図ってください。

 

どうやって感染するの? 

ノロウイルスによる感染性胃腸炎は、汚染した食品を介しておこる食中毒と、ヒトからヒトへの感染とに分けられ、次のような感染経路があります。

1.感染した人の便や吐物に触れた手指を介してノロウイルスが口に入った場合

2.便や吐物が乾燥して、細かな塵として舞い上がり、その塵と一緒にウイルスを体内に取り込んだ場合

3.感染した人が十分に手を洗わず調理した食品を食べた場合

4.ノロウイルスを内臓に取り込んだカキやシジミなどの二枚貝を、生または不十分な加熱処理で食べた場合

 

少ないウイルス量でも発病するため、注意が必要です。

 

どんな症状がでるの? 

ノロウイルスに感染した場合、24~48時間の潜伏期間ののち、激しい症状を起こします。(症状の程度には個人差があります。)

主な症状は腹痛・下痢、嘔吐、38℃以下の発熱です。症状が続く期間は1日~3日と比較的短期間ですが、回復後もしばらくの間ウイルスの排出が続くので感染を広めないよう注意が必要です。

感染しても全員が発症するわけではなく、発症しても風邪様症状ですむ人もいます。

 

予防のポイント 

 1.手洗い

トイレの後、調理の前後、食事の前、外出先から戻った時、おう吐物や便の処理を行った後などは、石鹸(液体石けんが推奨されています)を使用し、流水で、手指から手首までしっかり洗いましょう。

手洗いの後のタオルの共用はせず、個人用かペーパータオルを使用しましょう。

 

2.加熱・殺菌

加熱が必要な食品は、中心部までしっかり加熱(85℃1分間以上)して食べましょう。

調理器具等は使用後に洗浄、殺菌を十分に行いましょう。

 

3.おう吐物、便の処理

ウイルスによる感染性胃腸炎では、感染者のおう吐物、便から感染します。ウイルスが乾燥して空中に漂い、その飛沫を吸い込むことで感染するため、「すぐに拭き取る」「乾燥させない」「消毒する」の3原則を守りましょう。

 

4.日頃の健康管理

日頃から健康管理を行い、異常発生時には医療機関への受診等の対応を行い、発生状況の把握、感染拡大防止に努めましょう。

 

二次感染を予防するには 

ノロウイルスによる感染性胃腸炎の発症者の多くは、感染した人の便や吐物の中に排泄されたウイルスに感染した2次感染によるものが中心で、大規模な集団感染につながる場合もあります。

こうした二次感染を予防するために、感染者の便、嘔吐物などの処理には次の3原則を守ってください。

 

(1)すぐに拭きとる

(2)乾燥させない

(3)消毒する

 

1.マスク・手袋をしっかりと着用し、あらかじめ消毒液に浸した雑巾・タオル等で吐物・便をしっかりと拭き取ってください。拭き取った雑巾・タオルはビニール袋に入れて密封し、破棄しましょう。

2.吐物や便が付着した床などは、塩素系の漂白剤を約10倍に薄めて、ペーパータオルなどにしみ込ませて拭き、30分くらいたったら、最後によく水拭きしておきましょう。

3.吐物や便で汚れた衣類やシーツなどの寝具は、ウイルスが飛び散らないように処理した後、約50倍に薄めた塩素系漂白剤で30分ほどつけこんでから、静かにもみ洗いしましょう。その際にしぶきを吸い込まないよう注意しましょう。

 4.トイレの取っ手、ドアノブ、床などは約250倍に薄めた塩素系漂白剤を用いて拭きましょう。

5.ノロウイルスは乾燥すると容易に空中に漂い、それが口に入って感染をおこすことがあるので、吐物や便は乾燥させないように注意し、十分に換気をしましょう。

6.汚染物の処理が終わったら、しっかり手洗い、うがいを行いましょう。

 

 

 

お問合わせ先

保健福祉部 地域包括ケア推進課 保健予防係
〒592-8585
大阪府高石市加茂4丁目1番1号
電話:072-267-1160 ファックス番号:072-263-6116(代)
 

ページトップへ