現在の位置

台風に備えて

 台風が接近してからでは大変危険です。事前に準備を済ませましょう。

 

正確な情報を入手しましょう 

 台風の規模や、大雨等による危険性を正しく把握するために、注意報や警報等の気象情報をインターネットやテレビ、ラジオで確認してください。

 

生活用品の確認や、備蓄を行いましょう 

以下は参考です。必要なものは人によって変わってきます。

 台風が接近する前から考え、3日程度は生活できるよう準備しておきましょう。

 

・食料品

(例)水、缶詰、レトルト食品など

   火や水を使用せず、調理がいらないものが良い。

・懐中電灯、ランタン

・ラジオ

・衛生用品

・常備薬

 

 他にも、平成30年の台風21号では次のようなものも必要になりました。

・雨漏りや浸水を防ぐためのブルーシート

・停電時に携帯電話を充電するためのモバイルバッテリー

 

 

家屋の補強をしておきましょう 

 屋根や壁などの傷みを確認しておきましょう。特に屋根の瓦やトタンなどは傷んでいると、強風にあおられ飛散したり、雨漏りの原因にもなります。他にも、テレビアンテナの取り付けは十分か確認しましょう。

 業者に点検を依頼するなどし、修理が必要であれば可能な限り行いましょう。

 窓には飛散防止テープなどを貼っておくと、割れたときの飛散防止になります。

 

 

側溝や排水溝などを確認しておきましょう 

 周辺の側溝や、自宅のベランダの排水溝、雨どい等につまりがないか確認し、詰まっている場合には掃除をしましょう。

 つまりがあると、少しの雨でもあふれてしまうことがあります。特にベランダの排水溝がつまると、水が家に浸入するリスクが高まったり、エアコンの室外機等を置いている場合は水没してしまいます。

 

 

飛散するおそれのあるものを確認しましょう 

 飛散物は特に、隣近所の迷惑になりやすいものです。

 ごみ箱や鉢植え、物干し竿、犬小屋等、飛散しやすいものはしっかりと固定するか、屋内に収納しましょう。

 他にも、飛散しそうな自転車や、エアコンの室外機、折れそうな庭木などがないか確認しておきましょう。

 

 

台風の後の安全点検 

 台風が過ぎれば、飛散物やごみがないか点検し、次の台風に備え、家屋に被害がないか確認しましょう。

 停電がおきていなくても、電線が切れていたりすることがあります。建物や庭木に電線が触れていないか確認し、断線しているなどの問題があれば関西電力に連絡しましょう。

 

お問合わせ先

総務部 危機管理課 危機管理係
〒592-8585
大阪府高石市加茂4丁目1番1号
電話:072-275-6247 ファックス番号:072-267-3078(直) 

ページトップへ