現在の位置

家庭児童相談室

 家庭児童相談室は18歳未満の子どもや家族のことを、あなたと一緒に考えます。

ひとりで悩まず、お気軽にご相談ください。

 

家庭児童相談 

【相談例】

保育所、幼稚園、学校に行きたがらない

経済的に困っている

家族の病気や育児疲れで子どもを預けたい など

 

面接・電話相談】

個人の秘密は守ります

費用は無料です

相談の申し込みはなるべく前もってご予約ください

 

相談先】

・家庭児童相談室(家庭児童相談)

  月曜日~金曜日 午前10時~午後4時  072-275-6476

 

児童虐待相談・通告先 

子どもを虐待から守るために、虐待を受けたと思われる子どもを見つけたときには、迷わずためらわずに、子どもを虐待から救うための行動を起こすことが大変重要です。

相談者、通告者のプライバシーは守られます。

 

 【児童虐待の相談・通告先】 

 

 ・児童相談所全国共通ダイヤル (お住まいの地域の児童相談所に電話をおつなぎします。)

   24時間対応   189(いちはやく) ※一部のIP電話からはつながりません。

  

・大阪府岸和田子ども家庭センター(虐待専用・児童虐待110番)

  月曜日~金曜日 午前9時~午後5時45分  072-441-0125 

  夜 間・休 日  072-295-8737

 

 

・高石警察署

   072-265-1234

 

   

・家庭児童相談室(児童虐待相談)

  月曜日~金曜日 午前9時15分~午後5時00分  072-275-6476

 

児童虐待について 

あなたの周りに、こんな子どもや保護者はいませんか?

 こんな時にはためらわず相談、通告してください。 

  

 【子どもの様子】

 ・やけどやあざが多い

 ・衣服が極端に汚れている

 ・長時間激しく泣いている

 ・いつもおなかをすかせている

 ・家に帰りたがらない

 ・表情が乏しく、笑顔が見られない

 ・性的なことに過剰に反応したり不安を示す

 

【保護者の様子】

 ・大声でどなったり、おどしたりする

 ・子どもをひどくたたいている

 ・小さな子どもを置いたまま、しばしば外出している

 ・十分に入浴、食事をさせない

 ・病気、事故への配慮がない

 ・地域の中で孤立している

 

児童虐待の分類 

児童虐待は身体的虐待、性的虐待、ネグレクト、心理的虐待に分類されています。

 

【身体的虐待】

殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる など

 

【性的虐待】

性的行為の強要、性器や性交を見せる、ポルノグラフィの被写体にする など

 

【ネグレクト】

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、保護者以外の同居人による虐待を放置すること など

 

【心理的虐待】

言葉による脅し、無視、兄弟間差別的扱い、子どもの目の前でドメスティック・バイオレンスを行うこと など

 

児童虐待防止についての取り組み 

児童虐待の相談・通告件数は年々増加しており、高石市では要保護児童対策地域協議会を中心に、子どもに関係する様々な機関が連携・協力して、虐待を受けたと思われる子どもの早期発見をはじめ、見守り活動等、総合的な児童虐待防止活動に取り組んでいます。

 

また、全国的に、児童虐待防止法が施行された11月を「児童虐待防止推進月間」とし、家庭や学校、地域など社会全般にわたり、児童虐待問題に対する深い関心と理解が得られるよう、多くの民間団体や国・地方公共団体などが、児童虐待防止のための広報・啓発活動に、全国的に取り組んでいます。

 

オレンジリボン

オレンジリボンには子ども虐待を防止するというメッセージが込められています。 

お問合わせ先

教育部 こども家庭課 こども家庭係
〒592-8585
大阪府高石市加茂4丁目1番1号
電話:072-275-6349 ファックス番号:072-265-1015
 

ページトップへ