現在の位置

長期にわたる疾患等のため定期予防接種が受けられなかった方へ

長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと等により定期の予防接種が受けられなかった方について、対象年齢を超えても定期予防接種として受けられるようになりました。

 

対象となる疾患及び特別な事情について 

1.厚生労働省令で定める疾病にかかったこと(やむを得ず定期の予防接種を受けることができなかった場合に限る。)

◆重症複合免疫不全症、無ガンマグロブリン血症その他免疫の機能に支障を生じさせる重篤な疾病

◆白血病、再生不良性貧血、重症筋無力症、若年性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、潰瘍性大腸炎、ネフローゼ症候群その他免疫の機能を抑制する治療を必要とする重篤な疾病

◆上記の疾病に準ずると認められるもの

(注)上記に該当する疾病の例は下表に掲げるとおりです。ただしこれは、表に掲げる疾病にかかったことのある者又はかかっている者が一律に予防接種不適当者であるということを意味するものではなく、予防接種実施の可否の判断はあくまでも予診を行う医師の診断の下に行われるべきものです。

 

2.臓器の移植を受けた後、免疫の機能を抑制する治療を受けたこと(やむを得ず定期の予防接種を受けることができなかった場合に限る。)

 

3.医学的知見に基づき1又は2に準ずると認められるもの

 

対象となる疾病リスト(PDF:151.7KB) 

定期接種として受けられる期間と上限年齢 

定期予防接種として受けられる期間は、疾病等が回復し予防接種を受けられる状態になった日から2年間です。(成人用肺炎球菌は1年間)

また、ワクチンの種類により、受けられる年齢に上限があります。

◆4種混合ワクチン 15歳のお誕生日の前日まで

◆BCGワクチン 4歳のお誕生日の前日まで

◆ヒブ 10歳のお誕生日の前日まで

◆小児用肺炎球菌ワクチン 6歳のお誕生日の前日まで 

 

手続き等については、地域包括ケア推進課にお問い合わせください。

 
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問合わせ先

保健福祉部 地域包括ケア推進課 保健予防係
〒592-8585
大阪府高石市加茂4丁目1番1号
電話:072-267-1160 ファックス番号:072-263-6116(代)
 

ページトップへ