現在の位置

子どもの予防接種 ヒブワクチンの供給不足について

生後2か月からお子さんが接種するヒブワクチン(商品名アクトヒブ)において、製品に同封されている針の部分に錆が発生した事例が報告されたことから、調査等が完了するまで製品の出荷が見合されています。

 

アクトヒブの一時的な供給遅延による対応について 

製造元からワクチンの出荷が見合されていることから、一時的な供給不足が生じており通常のスケジュールでは接種できない状況となっております。

国内ではヒブワクチンは「アクトヒブ」のみであり、他の製品で接種することができません。

 

ワクチンが不足し、やむを得ない場合は、国からの指導により1回目の接種の方を優先させていただきますので、何卒ご了承ください。

 

なお、ヒブワクチンは、生後2か月以降に標準的には27日から56日の間隔で3回接種することになっています。(3回目から7か月以上あけて追加接種1回あり)

1回目から2回目、また2回目から3回目の間隔が56日以上あいても問題はありません。

 

 

本件に関するお問合せについては下記をご覧ください。

 

 

ヒブワクチン(製品名アクトヒブ)についてのお詫び(PDF:21.3KB) 

今後の供給状況については、2月末ごろに製造元より案内される予定です。

 
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問合わせ先

保健福祉部 地域包括ケア推進課 保健予防係
〒592-8585
大阪府高石市加茂4丁目1番1号
電話:072-267-1160 ファックス番号:072-263-6116(代)
 

ページトップへ