現在の位置

老人医療(一部負担金相当額等一部助成)助成

対象者 

市内在住の65歳以上のかたで、次の要件に該当する場合、診療・薬剤など本人が医療機関の窓口で支払う一部負担金相当額等の一部を助成します。ただし、所得制限があります。また生活保護を受けている方は除きます。

それぞれ必要な書類を添付のうえ申請してください。

 

  1. 障害者医療費助成の受給要件を満たす者(知的障がいの程度が療育手帳B1・B2判定の方は対象外)
  2. ひとり親家庭医療費助成の受給要件を満たす者
  3. 障害者自立支援法施行令に規定する精神通院医療を受けている者
  4. 結核予防法に基づく医療を受けている者
  5. 特定疾患対象者

 

 

医療証交付申請に必要なもの 

1.身体障がい者手帳、療育手帳、特定医療費(指定難病)受給者証、または特定疾患医療

  受給者証、結核の患者票、自立支援医療受給者証(精神通院)のいずれかひとつ。

  ひとり親家庭医療費の要件該当者については児童扶養手当を受給していること。

2.対象者の名前が記載された健康保険証

3.対象者の印鑑

4.市外からの転入者は前年中(1月~6月は前々年)の所得証明書

 

助成の内容 

医療機関の窓口で、健康保険証を使って診療や薬剤支給を受けた際に負担する本人負担金の一部を助成します。(食事療養費は除く)

ただし、検診料、診断書料等の保険外診療の費用については助成の対象になりません。

 

一部負担金について 

一医療機関ごとに1日500円(同一の月に同一の医療機関において2日まで)負担していただきます。(500円に満たない場合はその額)同医療機関でも、入院・通院・歯科は別医療機関とします。

院外処方箋の交付による調剤の場合の一部自己負担はありません。

一部自己負担金の額が1ヶ月で2,500円を超えた場合は、超えた額を返還いたします。

 

医療費の返還 

次のような場合は、医療費を還付いたします。

 ・大阪府外で受診したとき。

 ・医療証を申請してから発行までの間に受診したとき。

 ・急病などで医療証を提示できずに受診したとき。

 ・医療上必要と認められた補装具(コルセット)等の費用を支払ったとき。

 ・一部自己負担額が1ヶ月で2,500円を超えたとき。

 

返還の申請に必要なもの 

 ・健康保険証

 ・領収書(受診者名、診療保険点数の記載があるもの)

 ・印鑑

 ・振込口座がわかるもの

 ・老人医療証(一部負担金相当額等一部助成)

 

お問合わせ先

保健福祉部 高齢・障がい福祉課 高齢・障がい福祉係
〒592-8585
大阪府高石市加茂4丁目1番1号
電話:072-275-6294 ファックス番号:072-263-6116(代) 

ページトップへ