現在の位置

HPV(子宮頸がん予防)ワクチン

平成25年4月1日から定期予防接種に追加されました。

予約受付は、医療機関により異なりますので、接種をご希望の方は、医療機関にお問い合わせいただきますようお願いします。

 

子宮頸がんワクチンは「サーバリックス」と「ガーダシル」の2種類あります。どちらのワクチンを接種するか、接種医療機関でご相談ください。

◆サーバリックス:ヒトパピローマウイルス(HPV)16、18型の感染予防

◆ガーダシル:ヒトパピローマウイルス(HPV)6、11、16、18型の感染予防

 

HPVワクチンは平成25年6月より積極的な接種勧奨を差し控えています。

詳しくは下記をご参照ください。

 

接種を希望される方、その保護者の方は下記をごらんください。

 

HPVワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ(PDF:416.3KB) 

対象者 

小学校6年生(12歳相当)から高校1年生(16歳相当)の女子

高校1年生の年度末日までに3回完了させてください。

標準的な接種期間:中学校1年生の間

 

受け方 

◆サーバリックス:初回接種後、1か月後に2回目、2回目から5か月後に3回目を接種(6か月間に3回接種)

 

◆ガーダシル:初回接種後、2か月後に2回目、2回目から4か月後に3回目を接種(6か月間に3回接種)

 

(注意)必ず同じワクチンを3回接種すること。

 

接種方法 

筋肉注射

 

接種場所 

市内指定医療機関(下記参照)

 

2019年度 指定医療機関一覧(PDF:133.6KB) 

持ち物 

母子健康手帳

予診票は医療機関においています。

 

費用 

無料

定期接種期間内(小学6年生から高校1年生)を過ぎると自費になります。

 

接種についての注意事項 

接種に必要な予診票等は接種当日、医療機関で記入してください。

接種は保護者の同伴が原則です。

やむを得ず本人のみで受ける場合は、予診票の他に同意書が必要です。同意書は医療機関にあります。同意書に保護者の署名がない場合は、本人のみでは接種できません。

 

 

子宮頸がんとワクチンについて 

近年20歳から30歳代の若い女性に子宮頸がんが急増しています。子宮頸がんの発症の多くは、性交渉によるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因で、女性の約80%が一生に一度は感染すると言われていますが、感染は一時的で、ほとんどの場合は自然に排除されます。しかし、免疫力の低下などにより、感染した状態が長期化(数年から十数年)すると子宮頸がんを発症することがあります。

 

◆HPVワクチン「サーバリックス」について

子宮頸がんから多く見つかるHPV16、18型の感染を予防することができます。この2種類以外の型のHPVの感染は予防できません。

 

◆HPVワクチン「ガーダシル」について

子宮頸がんおよびその前がん病変、外陰上皮内腫瘍、膣上皮ない腫瘍、尖圭コンジローマ等の発症に関係しているHPV6、11、16、18型の感染を予防するワクチンです。この4種類以外の型のHPVの感染は予防できません。

 

 

ワクチンの効果について 

すでに今感染しているウイルスを排除したり、すでにある病変を治したりする効果はありません。ワクチンはあくまで接種後のHPV感染を予防するものです。また、3回接種することにより十分な予防効果が得られるため、きちんと最後まで接種することが重要です。日本で認可されている子宮頸がん予防ワクチンは2種類ありますが、途中で他のワクチンに変更することは、有効性・安全性のデータがありませんので、必ず同じ種類のワクチンを3回接種してください。

ワクチンを接種した場合でも、全ての子宮頸がんを予防することはできません。市では、20歳以上の方を対象とした子宮頸がん検診を実施しています。子宮頸がんを早期に発見するためにも、定期的に子宮頸がん検診を受診しましょう。 

 

 

ワクチンの副反応について 

ワクチンを接種した後は、注射した部位が痛くなったり、赤い発疹が出たり、腫れたりすることがあります。全身的な副反応としては、疲労感や頭痛、吐き気や嘔吐、下痢、腹痛といった症状がみられることがあります。重い副反応としてはショックやアナフィラキシー様症状を含むアレルギー反応や、血管迷走神経反射による失神などがごくまれに報告されています。接種後1週間は副反応の出現に注意してください。強い痛みが長く続く場合など、気になる症状があるときは接種医に相談してください。

 

 

接種を受けることができない人 

1:明らかに発熱のある人(通常37.5度以上)

2:重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな人

3:他の予防接種を受けた後、規定の間隔があいていない人(生ワクチン接種後27日間以上、不活化ワクチン接種後6日間以上)

4:子宮頸がん予防ワクチンによってアナフィラキシーをおこしたことがある人

※アナフィラキシーとは、通常接種後30分以内に起こる強いアレルギー反応のことです。発汗、全身のじんましん、吐き気、嘔吐、息が苦しいなどの症状に続き血圧が下がっていく激しい全身反応です。

5:けいれんをおこして3か月経過していない人

6:妊娠中の人

7:その他、医師が不適当な状態と判断した人

 

接種を受ける前に医師と相談しなくてはいけない人 

1:血小板が少ない人や出血しやすい人

2:心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患、発育障害などの基礎疾患がある人

3:過去に予防接種で2日以内に発熱のあった人

4:過去にけいれん(ひきつけ)をおこしたことがある人

5:過去に免疫状態の異常を指摘されたことのある人、もしくは近親者に先天性免疫不全症の方がいる人

6:現在授乳中の人

 

接種を受けた後の注意 

1:接種を受けた後30分間は、安静にして接種医療機関と連絡が取れるようにしてください。

2:接種後1週間は副反応の出現に注意してください。

3:接種後は接種部位を清潔にしてください。

4:接種当日の入浴は差し支えありませんが、注射した部位をこすらないようにしてください。

5:接種当日の過度な運動は避けてください。

6:他の種類の予防接種を受ける場合は、6日間以上あけてください。

7:高熱・けいれん・意識不明などの異常な症状が出た時は、すぐに医師の診察を受けてください。なお、医師の診察を受けた場合は必ず地域包括ケア推進課ご連絡ください。

 
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問合わせ先

保健福祉部 地域包括ケア推進課 保健予防係
〒592-8585
大阪府高石市加茂4丁目1番1号
電話:072-267-1160 ファックス番号:072-263-6116(代)
 

ページトップへ