現在の位置

保険料の免除制度

法定免除 

障害年金や生活保護法による生活扶助を受けている人などは、国民年金の保険料の納付が免除されます。

 

 

申請免除 

免除を申請することにより、保険料を納めることが困難と認められるときは、国民年金の保険料が「全額」、「4分の3」、「半額」または「4分の1」免除されます。(学生を除く)


免除された期間は、年金を受けるために必要な期間に含まれますが、老齢基礎年金の年金額は保険料を全額納めた期間と比べ、全額免除の場合は2分の1、4分の3免除の場合は8分の5、半額免除の場合は4分の3、4分の1免除の場合は8分の7の計算になります。


なお、免除された期間の保険料は、10年以内であればさかのぼって納めること(追納)ができます。

 

 

お問合わせ先

総務部 市民課 住民情報係(年金)
〒592-8585
大阪府高石市加茂4丁目1番1号
電話:072-275-6241 ファックス番号:072-263-6116(代) 

ページトップへ